本文へ移動

SHサンキョウの強み

 
多種多様な建材・部材を製造している当社のまず挙げられる強みは、「樹脂(プラスチック)」も「木」も扱えるということ。堅くて水に強い樹脂、加工しやすく低コストの木、それぞれの長所を活かして製品づくりをしています。また、樹脂と木を組み合わせたハイブリッド製品も開発しており、用途に応じた建材を提供することができます。
 
 
お客様とダイレクトにやりとりをすることで、本当のニーズが見えてきます。密接にお客様とタッグを組んで、ニーズを解決するためのアイデアを出し合い、それをカタチにして画期的な仕組みや生産ラインを創ってきました。私たちはただ製品を作るのではなく、ニーズに応える仕組みや設備、それ自体を生み出しているのです。
 
 
当社では、生産する製品に合わせて都度、工場のラインを組み替えます。ラインの機械の部品を製品の形状に合わせてセッティングするのは、人の手と経験による緻密な職人技。一方、在庫や受注についてミスなく効率よく管理できるように、早くからコンピュータシステムでの管理体制を導入。職人技とIT技術の融合で、お客様のニーズに応えています。
 
 
加工途中の“仕掛かり品”をストックしておき、受注と在庫をシステム管理することで、注文を受けてから納品までスピーディに対応。さらに、現場へ部材を直接納品できる当社独自の仕組みを確立し、圧倒的な短納期を実現しています。お客様自身は在庫を抱えることなく、必要なときに必要な数だけ必要な部材を発注することができます。
 
 
自動加工機などを駆使して、従来は現場で加工している部分を当社で先に加工し、使いやすい状態にした部材を出荷しています。加工度の高い製品を提供するため、現場での大工職人の負担軽減、工期の短縮などにもつながっています。
TOPへ戻る